楽典の本

  • 2010/09/13(月) 11:07:28

日曜日の夜9時に鳴った「ピンポ〜ン♪」

こんな時間に誰かな???(来客の予定は無いんだけど・・・)

と、思いながら行くと、何と昔の生徒ちゃん!


かれこれ13年くらい前、当時近所に住んでたピアノ弾きのHさんが
寿引越しする為、何人かの生徒ちゃんを預かることになって、その
中の兄妹でウチに来る事になったR君とEちゃん。

通い出して間もなく彼らも引越しで大阪に行ったので、ほんの半年
くらいの付き合い。

そんなR君がお客さんでした。


「やー、何年ぶりだろね??ビックリだよ、もう!」

流石にウチの住所や電話番号などもう手元に残ってなかったらしく、
記憶を頼りにやってきたそうな。


で、一体なぜここまで来たのか???


「最近また音楽を勉強、というほどでもないけど、ちょっと再開しようと
思ってんですが、当時”これ一冊持ってたらええよー”って言われてた
楽典の本が何だったのかを知りたくて・・・・」

という事らしい。


「えぇーー?!(そんな理由で!!って、ちょっと嬉しいねんけど♪)」


その楽典の本とはコチラ


私も十数年前にスクールの研修かなんかで”オススメ”されて知った本ですが、
内容充実でめちゃ便利。

当時中学生だったR君にこの本を薦めていたなんて全く覚えてない(汗)
中学生にはまだちょっと濃い目の本だから・・・

たぶんR君が賢いタイプと見ていたから薦めたんだろうなぁ。


近況を尋ねたら、家族は皆元気らしく、妹Eちゃんはもう”母”になってて
R君は(まだ独身だが)薬剤師の仕事をしてるとかで、よかったよかった。


あー、しかし驚いたなぁ。

そして年取った私。。。。(ショボーン??)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する